PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そんなとき 女を好きになる

sonnatoki.jpgそんなとき 女を好きになる 32CA-2230
1988年4月1日発売
TULIPに加入してから1年後(つまり2年目)に発売されたアルバム。
前作よりも歌っている曲が増え、このアルバムでは自作曲が収録されています。 また、現在コロムビアミュージックエンタテイメントより再発売されています。(2007年6月20日発売)


《 高橋ひろさんが歌われている曲 》
女たちの危険な事情
トライアングラー・ラヴ・エイド
ROOM#1022
ペパーミントの予感 ( 自作曲 )

※自作曲以外は1フレーズ程度しか歌っていません


女たちの危険な事情
歌声が若いっ! その一言です。

トライアングラー・ラヴ・エイド
『相手はモダン・ボーイ 裕福モダン・ボーイ』というフレーズしか
歌っていませんが、私はこれだけ聴いても十分カッコイイと思いました。

ROOM#1022
サビ前のフレーズしか歌っていませんが、これもカッコイイ歌声だなと思いました。

ペパーミントの予感 ( 自作曲 )
ひろさんがTULIPのメンバーとしてプロデビューして初の自作曲!
歌声がとにかく若々しいのはさることながら、曲そのものも若々しいというか
初々しいなという印象。
また、何となくキラキラした感じがします。
ポップな曲調にのせて、ちょっとぎこちない恋愛模様を歌っています。
若者の初々しい恋愛を表現できたのは、おそらくひろさんだけではないでしょうか。
メンバーの中で最年少ですからね。
他の方は割と大人な感じの曲を書いていらっしゃるので、ひろさんの曲は目立つかもしれません。
また、ひろさんの生き生きとした歌声にも注目です。

もっと読みたい方は、みんなのレビュー
スポンサーサイト

| MR以前 | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hirodatabase.blog115.fc2.com/tb.php/51-ad2cef6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。