PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みんなのレビュー:2  From future present

第1弾に引き続き、都市色さんが書かれたレビューをお送りいたします。


Fromfuturepresent.jpgFrom future present TTCD-00004

ひろさんの2002年にリリースされた二つのシングル「なぜなに君の大図鑑」と
「華麗なるワンステップ」の2イン1作品「from future present」
の冗長で散漫なレビュー。
まずは、


1.「なぜなに君の大図鑑」
タイトルからしてインパクトがあるけど、内容もこれまで以上に弾けていて、いつもよりコミカルさ30パーセント増量か。
歌詞も少し下世話でユーモアたっぷり。歌詞の中の主人公の饒舌さ、調子の良さが憎めない。この無邪気さが魅力だ。
この作品が最初にシングルとしてリリースされたときに歌詞カードがついてなくて、ひろさんが歌詞の聞き取りをファンに対して公募したエピソードを持つ。今回のCDには歌詞カードは付いている。カラオケは今回も付いている。

2.「Buddy」
新しい伴侶と新しい人生のスタートを切る喜びの朝の歌。ともに動き出す今日の世界の街並の風景。
ドラマチックな詩の世界にマッチしたフットワークの軽いサウンド。
艶のある伸びやかなひろさんのハンサムな歌唱が映える一曲。
そしてpopsicle時代からの盟友・佐藤宏信氏の間奏のサックスも素晴らしい。ひろさんのライブに、レコーディングに欠かせない佐藤氏のサックスこそがひろさんの「buddy(相棒)」なのだろう。佐藤さんのサックスを聴く機会も無くなるのだろうか。この曲のカラオケも収録されている。
ここまでがTTレーベル第一段シングル「なぜなに君の大図鑑」。

ここからが二枚目のシングル「華麗なるONE STEP」。
3.「華麗なるONE STEP」
ひろさんのポジティヴな生き方、強い意志が反映された深いメッセージが印象的。己を鼓舞するように、自分に言い聞かせている風にも受け止められる。この曲の歌詞はひろさんらしい潔さも感じる。人に優しく自分に厳しいひろさん。
ひろさんの活動は決して順風満帆ではなかったかもしれないけれどこの歌詞のような根源的な強さを人間的な美しさを内に備えたひろさんは幸せだと思う。

「風は強く/目も開けられず/それでも一歩を踏み出す勇気が君にはあるか」
「血の気失せる現実こそを/娯楽に転じて遊べる視点は曇ってないか」
「すべて夢のようだったって/君に話して笑ってもらう/そのための人生/ふとそんなことを思うよ」
「丘の上日は暮れて/手ぶらで帰る空しさも/喜びの日と変わらぬ心で迎えたいんだ」

サウンドは歌詞の内容の強さを中和するかのようなシンセのストリングスとホーンが流麗に響くソフトロック調。ゲイリー芦屋氏の音楽を彷彿させる。

4.「元気カナ」
ひろさんの優しい眼差し、他者への気遣いに満ちた、癒しのミディアムナンバー。「考えすぎないで」タイプの曲だろうか。
井上順さんの名曲「お世話になりました」(山上路夫/筒美京平)を思い出させる。心が温かくなるような曲だ。こういう素朴な歌詞もひろさんの魅力だ。間奏のひろさんの語りも泣かせる。

5.「スマイリング・ペッツ」
「smiling pets」、読んで字のごとく、66~67年のブライアン・ウィルソンへのオマージュのようなインスト曲。あの時代のビーチボーイズを彷彿させるユニークでユーモラスなサウンド。彼らのファンなら一度は聴いてみる価値あり。あのアルバムの独特な音像を遊び心たっぷりに料理するひろさんの曲作りの非凡さが伺える。
そういえば、ひろさんのインスト曲は実は初めてではないだろうか。個人的にはひろさんはシンガーソングライターでも「歌手」としての特性が強いと思っていたしこれまでこういう作品は無かったと思う。

6「カンちゃんのやすらぎ」
もう一曲インスト曲が続く。これも珍しいひろさんのピアノの弾き語り風の子守唄のようなシンプルで優しいメロディ。

二枚のシングルの編集版だけどひろさんの多面的な魅力に溢れた意欲的な作品集だ。
改めて作詞家としてのひろさんの魅力も味わえた。
屈指のメロディメイカーのみならず、鋭い洞察を備えた深いメッセージや松本隆さんのようなストーリィテラーとしての技巧的な作詞術もひろさんは持っていて、そんな魅力の一端を垣間見る事が出来る。
そして「なぜなに~」のように全くメッセージなんてない軽いポップソングに相応しい適度に刺激のあるユーモラスな言語感覚。メロディにジャストフィットな歌詞。歌詞を読むとメロディが自ずと思い出してしまう。
歌詞とメロディが切り離せない。
そしてひろさんの詞の最大の魅力は「日本語の美しい響き」だろう。
スポンサーサイト

| みんなのレビュー | 20:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます。

ともさん、こんばんは。
自己満足レヴューを掲載して頂きありがとうございます。

照れます。
もっとコンパクトに分かりやすく書きたいものですが難しいです。

最近、ブログを始めました。
シングル専門ブログです。
まだ本調子では無いのですが、落ち着いたら、ひろさんのシングルも必ず取り上げたいと思っています。ひろさんは楽曲提供のシングルもあるしお楽しみに。手前みそな内容で失礼しました。

| 都市色 | 2007/09/06 01:07 | URL | ≫ EDIT

有難く使わせていただいてます

>都市色さん

こんばんは
こちらこそ、都市色さんが一生懸命書かれたレビューを掲載
させてもらうことができて嬉しい限りです。
こういうのは、ありのままを綴っていただくのが一番良いと
思っているので、どうぞ都市色さんの感じるままに、思うままに書いてくださいませ。

ブログにお邪魔させていただきました。
都市色さんのレビューは本当に凄いです。お手本です!
音楽を知っていないとあそこまでは書けないと思います。
ひろさんのシングルが取り上げられる日を楽しみにしています♪

| とも | 2007/09/06 21:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hirodatabase.blog115.fc2.com/tb.php/40-9dffdd2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。