PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

微笑みの爆弾/アンバランスなkissをして 

anbaransu-taiyou160.jpg微笑みの爆弾/アンバランスなkissをして KDSD-00068
2005年6月1日発売
「幽遊白書」のエンディングに起用された「アンバランスなkissをして」「太陽がまた輝くとき」が十数年ぶりに高橋ひろさん本人の歌声によって甦った作品。
馬渡松子氏の「微笑みの爆弾」も収録されています。


曲目
1.アンバランスなkissをして
2.太陽がまた輝くとき
3.アンバランスなkissをして(TABATA REMIX)
4.アンバランスなkissをして(カラオケバージョン)
5.太陽がまた輝くとき(カラオケバージョン)


1.アンバランスなkissをして
2.太陽がまた輝くとき
約11年ぶりにひろさん自身がカヴァーした作品。
当時の音源に今のひろさんの声?と思ってましたが、アレンジが
今っぽくなっています。
ひろさん自身「上手くなっている」と言っておられました。
確かに当時に比べて円熟味が増したと言うのでしょうか、歌唱力の
変化を感じることができます。(私が言うのもアレですが・・)
当時のものと聴き比べて本当にビックリ!
人の歌声ってこうも変わるんだな~って思いましたね。。

ただ1つだけ気になったもの・・
「太陽~」の「今こそ届け」の所が少し苦しそうに聴こえるのは
私の気のせいなのでしょうか。。

3.アンバランスなkissをして(TABATA REMIX)
アレンジが変わってクラブミュージック風味!?になっています。
1曲目のほうよりテンポアップしていて、ノリの良いサウンドです。
スポンサーサイト

| その他歌唱作品 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hirodatabase.blog115.fc2.com/tb.php/20-62527d63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。