PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『高橋ひろ ベストコレクション』発売記念イベント by ゆみかか

GW特別企画ということで、
先日の『高橋ひろ ベストコレクション』発売記念イベントに
参加したみなさんから
それぞれ寄稿していただきまして、
参加出来なかったファンの方々へおすそ分けを。

本日は、ゆみかかさんです。
ちょい、辛口ですよ~。

**********
2010年3月15日。

よりによってご本人が亡くなり4年半もたってから、まさかのベストアルバム発売。

ここで私は彼の享年をちょうど超えてしまった。
正確には更に2週間ほどだが、私はひろさんほど時間的観念に細かくないので、そう言い切ってしまう。


2005年の11月、高橋裕幸氏の訃報を受け取ってから、彼の音楽と人生について思いを巡らせてきた。
そうすることで、何とか日常にしがみつき、ひろさんからもらった力を無駄にしたくないという気持ちもあった。
そしてずっと
「ひろさんと同じだけの人生の中で、私に何ができるか」
「それ以上の時間をもらったとき、その時間をどう使うか」
が、ずっと課題だった。それ故この春は、実は私にとって特別な時期でもあった。
奇しくもほぼ同じタイミングで職場の人事が内示され、
大変だが新しい試みが待ち受ける職場への異動が決定した。

そんな個人的事情がごたついているなかで、
ベストアルバム発売の記念イベントを、レコード会社が開催するとの一報が入る。

「そりゃまあ、嬉しいですよ」なんて言いたくもなりましたが、
どこからか「そういう言い方はないでしょう…」というつぶやきが聞こえ…たかどうかは置いといて。

近辺のレコード店に予約しまくり、ネットでの通販も手配した。
イベント参加券をゲットするため、更に追加でアルバムも購入した。

とにかく「メジャーに出る」「世の中に認知される」(なんか隠し子みたいだ)ことが、
「高橋ひろ」のこの10年(没後も含む)を知る身としては、切実だった。

私にとってのキーワードは「何故、いまさら」

同じ時期に亡くなった女性歌手は、
難病であることをマスメディアに公開し、闘病している姿を世にアピールしていた。
彼女の死はメディアに大きく取り上げられ、
即座に出されたベストアルバムは大量に売れ、
地元には記念碑もできたとか。

対比することではないと判っていても、つい思ってしまう。
「高橋裕幸」が闘病していた姿を知られないようにしていたこと。
「病を抱えている」というフィルターがかかることにより、
彼の音楽が違ったものにとらえられることをおそれたのだろうか。
個人的(プライベート)な事情を一切排除して、純粋に音楽としてとらえて欲しい、そんな思いも感じられる。
実際、イベント当日見た映像は、
「本当は具合が悪かったんじゃないだろうか」
「どっか痛かったんじゃ…」
という邪念が入り、純粋に聴けていない自分を意識せざるを得なかった。

イベントの内容については、当日参加者の皆さんが語られているので、敢えてたくさんは述懐いたしません。
色褪せない音楽がそこにあり、「高橋ひろ」は生きていた。
そう、亡くなったのは「高橋裕幸」。
「高橋ひろ」はずっと生きている…訃報が伏せられていた事に、
そんな意味をもたせたいと思ってしまった70分だった。

余談を一つ。
某氏のつぶやいた「結構、男性もきているなあ」の一言に
「女はいろいろ置いてこなけりゃならないものがあるのよ」と返答して気付いた。

そうなのだ。記念イベントとして盛り上げてくださったのは、とても有り難い。
最大数のファンが参加しやすい形態として、
土曜日の都心が選択され、努力してくれたのだろうというのも、わかる。
だが、週末が仕事の人もいる。
家庭、家族があると、たいていの女は出て行けない。
その家族が幼児や老人であれば、尚更である。
あるいは、ネットにアクセスできないことで、情報が入ってこないファンもいる。
イベント当日の参加者の人数と層が、「高橋ひろ」ファンの全てではないことを、
主催者側には是非くみ取っていただきたいなあと思う次第。

メディアの力の可能性と限界。

良くも悪くも、そこで淘汰されてしまうもの。

それでも最後まで残る、ダイヤの輝き。
あの映像、作品として、ひろさんはヨシとしないかもだけど、出版したら絶対売れると思うんだよね。
ネットでちまちま動画サイトにあがるの消してるよりも、よっぽどいいと思うのですがね。
スポンサーサイト

| イベント・感想 | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hirodatabase.blog115.fc2.com/tb.php/124-97d2acc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。